[ゲーム感想] ゲーム感想

ファントムブレイブ PORTABLEファントムブレイブ PORTABLE

日本一ソフトウェア 2010-10-28
売り上げランキング : 3068

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ファントムキングダムポータブル発表記念ということで、まずはシリーズ元祖「ファントムブレイブ」のPSP版の感想を述べてみたいと思います。
キングダムのほうはまた今度ご紹介します。


まず、プレイしてない方にこのゲームをさっくり説明します。

このゲームはSRPGでありながらマスの概念がありません。
移動力は円状になっていて、その範囲で好きに動いて戦う戦闘システムとなっています。

基本は「コンファイン」という能力を有した主人公マローネがマップに初期配置され、近くに落ちている石や木などのオブジェクトに味方キャラクターを憑依させて戦闘に加わらせてマップを切り抜けるスタイルとなっています。
マローネ以外の味方には行動可能回数が設定されており、その回数分行動すると憑依が終わり、そのマップでは二度と使えません。
ですので、どのタイミングでどのキャラクターを投入するか、考えながら進めることになります。

なお、このゲームではフェイズの概念がなく、素早い者から順番に行動をするシステムとなっています。
しかも、相対的に素早さが圧倒的に早ければ、何度も自分の行動を行うことも可能という、ちょっとバランスは悪いなぁと思いながらも面白い要素になってます。

また、オブジェクトはその場で装備したり、憑依後に持ち帰って次からもたせた状態で出撃したりなどができます。
ちなみに、マップ上に限り味方や敵をも装備して、ぶん殴ったりするのに使えます。
このあたりは「やりたい放題SRPG」の名に恥じない部分と考えています。

最終的にはオブジェクトのレベルを上げたり、「魔導合成」という要素を使って合成してゆき、パラメータの強化や技の付加などをしながら鍛えていくことになります。

もちろん、キャラそのものの育成も十二分に可能です。
転生には特定のアイテムが必要、マローネは転生できない等の制限はありますが、お気に入りのキャラをどこまでも鍛えられるシステムはディスガイアから引き継いでいます。

ディスガイアからは多少桁が少なくなりましたが、Lv9999、パラメータは999万まで鍛えられる、信頼と実績のインフレ仕様です。

ゲームの概要はざっとこんな所です。


で、PSP版の評価です。

基本的には顔グラフィックやGUIのブラッシュアップ、Wii版の追加シナリオ「もう一人のマローネ編」の収録、PSP版だけで仲間になるキャラの追加など、頑張っている部分はあります。
しかしながら、この時期の日本一ゲーにしてはコンフィグでいじれる要素がやけに少ない、拠点マップの処理落ちがひどい、PSP阪追加要素のキャラ加入イベントでの、いっそ入れないほうがいい、セリフと違うボイスなど、多少マイナス面もあります。
ただし、基本的にはバランスを変えていない移植なので、PS2をやりこんだ人も安心して遊ぶことができるようになっています。


今回の感想は以上です。
では、しばらくしたらファントムシリーズ第2作「ファントムキングダム」についても触れさせていただこうと思います。


トラックバック

トラックバックURL: http://infinity-world.jp/mt/mt-tb.cgi/237

公開中のゲーム

オススメ商品